ちはまだ 卓球 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 切手 不発行 ℍはあたりま コレクション

カテゴリーおもちゃ・ホビー・グッズ > コレクション > 使用済切手/官製はがき
商品の状態新品、未使用
配送料の負担送料込み(出品者負担)
配送の方法レターパック
発送元の地域宮崎県
発送までの日数2~3日で発送
ちはまだ 卓球 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 切手 不発行 未発行 ℍはあたりま
ちはまだ 卓球 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 切手 不発行 未発行 ℍはあたりま
おもちゃ・ホビー・グッズ ちはまだ 卓球 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 切手 不発行 未発行 ℍはあたりま
ちはまだ 卓球 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 切手 不発行 未発行 ℍはあたりま
ちはまだ 卓球 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 切手 不発行 未発行 ℍはあたりま
画像最後の領収書は添付できません。

ちはまだ 卓球 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 切手 不発行 未発行 ℍはあたりま ちはまだ 卓球 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 切手 不発行 ℍはあたりま 0TQPb-m37980421143 d3h88gl26 do-it-anyway.com 菊の丞 おもちゃ・ホビー・グッズ コレクション 使用済切手/官製はがき 卓球 切手 不発行 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 卓球 切手 不発行 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 ちはまだ 卓球 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 切手 不発行 未発行 ℍはあたりま ちはまだ 卓球 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 切手 不発行 ℍはあたりま 0TQPb-m37980421143 d3h88gl26 do-it-anyway.com 菊の丞 おもちゃ・ホビー・グッズ コレクション 使用済切手/官製はがき 卓球 切手 不発行 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 卓球 切手 不発行 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 ちはまだ 卓球 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 0TQPb-m37980421143 切手 不発行 未発行 ℍはあたりま ちはまだ 卓球 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 切手 不発行 ℍはあたりま 0TQPb-m37980421143 d3h88gl26

販売直前に回収され、発行されなかった切手。 コレクション 何故、発売前に回収されたのかは分かりませんが、卓球をやっている私から見れば、おそらく切手のデザインに問題あったのではと思います。 それは切手の赤いユニフォームを着た人物の図案に問題があったのではないでしょうか。 切手の図案が、この当時まだ世界大会で本格的に披露されていなかった、ペンホルダーの裏面打ちの図案となっていることです。 ちはまだ 卓球 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 切手 不発行 ℍはあたりま (写真 3, 4)ペンホルダーラケットによる裏面打ちとは、卓球の打法の一つで、ペンホルダーラケットの裏面にもラバーを貼り、反転させることなく裏面側のラバーで打球をする打法の総称です。 ちはまだ 卓球 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 切手 不発行 ℍはあたりま (写真 6)本格的にペンホルダーラケットの裏面打ちを世界に披露したのは、1995年第43回世界卓球選手権 天津大会で男子シングル2位になった、劉国梁 (中国) です。 使用済切手/官製はがき ちはまだ 卓球 未発行 1971年 アジア アフリカ卓球友好招待競技大会 切手 不発行 ℍはあたりま おもちゃ・ホビー・グッズ 1970年代は、日本や中国、韓国などでは、ペンホルダーの「右打ち左押し」(写真 5) の打ち方が普通でした。 この切手が作られた1971年には、ペンホルダーラケットの裏面打ちはまだ確立されていません。 そのため、切手のデザインが今で言うペンホルダーラケットの裏面打法になっていたため回収されたものと考えます。 切手のデザインを考えた人は卓球をあまり知らない人だったのでしょうか。 今ではペンホルダーにとって、裏面打法はあたりまえの技術になっていますので、ある意味当時のデザイナーは先見の明があったのでしょう。 切手のエラー切手、不発行切手のサイトは、下記をご覧くださいませ。 http://stampsbythemes.com/dprk/kko-122.htm菊の丞